50代の婚活

死別再婚の50代は幸せになれる?メリット、デメリットを詳しく解説!

再婚 50代

夫と死別をしたあと、子育てや家事、仕事などなど毎日のやるべきことに追われて
気が付いたら50歳になっていた・・ヤバイ、このままひとり??なんて思っていませんか?

子どものことがひと段落して、自分の気持ちに少し余裕が出てくると自分のことを考える人が多いようです。

死別でも離婚でも、シングルマザーの場合は何かとハードルが高いような気おくれをするかもしれませんね。
とはいえ、今は50代のミドル、シニア世代の多くが婚活をしているんだそうですよ。

あなたは再婚を望んでいますか?

ここでは50代の再婚についてお伝えします。
再婚をして後悔する前に、メリットやデメリットを冷静に考えてみましょう。

turu
turu
ちなみに死別した方のことを【没イチ】というとったね。
私turu的には好いとう言い方じゃないんよ。

死別の場合の再婚は難しいのか

50代の再婚

「再婚」はひとそれぞれ環境や事情、想いも違いますから他人が簡単に語れるものではないと思っています。
・・「簡単に語るべきではない」と思いますが、あえて私の考えをお伝えしようと思います。

一般的に、死別の場合の再婚は難しいという話を聞きます。
「愛する人と別れたくないのに一生の別れになってしまった」という周囲に思われているからかもしれません。

このことは
「死別後に新たなパートナーと再婚することを、子どもや社会が理解してくれないのではないか」
という不安を当事者が感じていることに繋がります。

turu
turu
だけん再婚は難しいと言われているんやろか。

1990年から2015年にかけて死別された人の人数は1.5倍に増えているんだそうです。
死別の再婚 

また、「よりそう」の調査によると、約7割の方が再婚をしたいと考えているんだとか。
やはりひとりは寂しいですしね。

turu
turu
休日に出掛けた時、カップルとか家族連れとか見かけると特にそう感じるんよね。
死別の再婚

じゃぁ、どうして再婚しにくいと言われているのか・・ということですよね。

その理由がこれです ↓

50代の再婚

参考:「よりそう」

これらの理由をクリアすれば再婚できるということですよね。

とはいえ、大人の結婚はいくつも乗り越えなければいけないハードルもあります。
なかなか二人が良ければ・・とはならないようですね。

次にメリットとデメリットを考えます。

50代での再婚のメリット

メリット

経験を重ねた50代は若い頃の結婚の時と違って、また別の良さが発見できるかもしれませんよね。

経済的に安定する

50代の再婚メリット

経済的に安定することが考えられます。

あ、でもこれはパートナーの立ち位置にも寄るところが大きいかも。
パートナーが働いていれば社会保険にも加入できますし、扶養内で働くこともできますよね。

とはいえ、パートナーの貯蓄には頼らないようにしたほうがいいです。
お金はトラブルのもとです。

精神的に安定する

50代の再婚

何より大きいのは精神的な安定だと思います。

シングルマザーって、子どもの学校のこと、進路のこと、親せきのこと、近所のこと、悩みはすべて自分で解決してきたんですよね。

それらを頼る人ができたということは、とっても大きい安定剤だと思います。

出かける時には一緒に出掛けられるし、旅行だって行けますよね。
コンサートにも演劇にも(笑)
趣味が同じだったら一緒に楽しめますよね。

何気ない日常の中に話し相手がいるという幸せ。

turu
turu
悩みや愚痴を聞いてくれる人がおるっちゅうことは幸せなことなんよ。

50代での再婚のデメリット

デメリット

メリットを書いて幸せな気持ちになりましたがデメリットもあります。
一般的なデメリットをお伝えしますね。
人それぞれ事情が違いますから細かいことは他にもあるかもしれません。

デメリットだと感じることも二人で話し合って解決できればいいですね。

一人で自由に暮らすことができない

50代の再婚

ひとりは寂しいけれど自由なんですよね。

誰に気兼ねをすることもないし、少し部屋が散らかっていても気にすることもありません(笑)

でも再婚して共同生活が始まるとそうはいきません。
パートナーのことを考え、きっと朝食作りから始まるはずです(笑)

ひとりの時間が少なくなるかもしれません。

turu
turu
でも、思いやりがあったら毎日楽しく過ごせるはずとよ。

親の介護が必要なことも

若い時の結婚と違って「介護問題」は目の前に迫っていることを自覚しておきましょう。

再婚したとたん、どちらかの親が倒れて介護が必要になることも考えられるのです。
また自分の健康やパートナーの健康も気になるところですね。

介護

幸せな結婚生活を送るためにも現実を知り、ふたりで十分話し合うことが大切です。

再婚して後悔しないように気を付けたいポイント

ポイント

人生100年時代だと言われている今、結婚情報サービスでも50代、60代に向けた機会を提供し婚活を成功している方も多くいらっしゃいます。

とはいえ、若い頃と違って勢いだけで結婚とはなりませんし気持ちだけでは難しいこともあります。

「こんなはずじゃなかった!」
と後悔しないようにポイントを抑えておきますね。

お互いの価値観をしっかりと確認する

価値観

お互いに大人ですから話さなくても分る・・ではダメです。

長い間ひとりでの生活をしていた場合など、自分の価値感や生活スタイルが決まっていることがほとんどです。

一緒に暮らすのですから歩み寄るところも必要になってきます。
生活を始めると細かい部分が見えてきて、価値観の違いに耐えられなくなることも考えられますよ。

お金のこと、お互いの子どもや親のこと、十分に時間をとって話し合うようにしたいですね。

子どもたちに相談をする

50代の再婚

若い頃のように勢いで突っ走られれば楽ですよね~。

turu
turu
でも50代の再婚はそういう訳にはいかんとよ。

子どもたちが成人していてもしていなくても、相談をしましょう。

ひとりの人間として認めてあげて、相談をするほうがいいです。
同居をしなくてもです。

遺産のこと、お墓のこともあるのでそれらのことも考えておきましょう。

そして、お互いの親にも再婚前に知らせておきたいですね。

年金について確認をする

年金

話しにくい課題かもしれませんが再婚前に確認しておきたいものです。

死別の場合は遺族年金が支給されます。
子どもが成人するまでは配偶者の分+子どもの人数分の額が支給されます。

子どもが成人するたびに減っていき、最後は配偶者の分だけ支給されることになります。
この遺族年金、再婚すると止められますので覚えておいてくださいね。

年金制度の利用は届け出をしないといけない場合がほとんどなので、一度調べておくといいですね。

50代の幸せな結婚のために

50代の再婚

気持ちの面とか周囲の状況とか、いろいろなことを考えなければいけないので「死別の再婚は難しい」と言われるのかもしれませんね。

あなたの事情と照らし合わせて、ひとつひとつ問題点をクリアしていきましょう。

お互いの子どものことや介護問題など、いろいろなハードルがありますがよく話し合って乗り越えていくことで、信頼関係も深まっていきますよ。

また、もうひとつ大事なことは「パートナーの子どもとの信頼関係をつくること」です。

無理に親子関係を築くことは難しいかもしれませんね。

ゆっくりじっくり、お相手の子どもの気持ちを尊重しながら、一定の距離を保つということを考えるといいかもしれません。

「死別再婚の50代は幸せになれる?メリット、デメリットを詳しく解説!」のまとめ

50代の再婚

自分の気持ちに余裕ができたら周囲を見渡して深呼吸をしてみましょう。

そして自分の気持ちを確かめてみませんか?
ほんとに再婚を望むなら大きく一歩を踏み出すことが大事です。

決めたのなら早いほうがいいです(*^-^*)
今すぐに行動に移しましょう。

turu
turu
そうするとね、世の中があなたのために、再婚に向かって動き始めるんよ!
◆締めの一言◆

実は私はあんまり再婚を考えなかったんですね。
子どものことと仕事で精一杯でした(汗)

余裕を持てればよかったなぁ。
人に甘えて頼れれば違っていたのかもです。

今はいろんなサービスや婚活アプリなど、相談できるところもあるので心強いですよね。
上手に利用して幸せになりましょう♪